« 石井ますみの獣医学入門 若年性腎不全 レーザー治療 | トップページ | ブログを引っ越ししました。 »

2015年5月17日 (日)

石井ますみの獣医学入門 低タンパク質 ワクチンが効かない!?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
石井ますみの獣医学入門  低タンパク質 ワクチンが効かない!?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                              2015年05月18日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               No.402
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□

  ☆━★━☆━★ ますみの獣医学入門★━☆━★━☆

    前向きにコツコツと生活したいものです。

  

        _Ω___  
        ∠| ̄ ̄ ├&#   獣医学臨床を通して
       ζζ\_/    みなさまといろいろと考えていきたいと思ってます。
 ( ^^) _旦~~(~~)    

       ~~     煎茶を飲んで、一服しながらどうぞ。
■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□
────────────────────────────────────
 5月ですね。私ごとですが、今月は誕生日月、自分の体験を若い女性に伝えていきたい
と思っています。
 メルマガを読んでいただき、ありがとうございます。
 発行人の石井ますみです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼INDEX▼
 ■低タンパク質 ワクチンが効かない!!?
  ■光とICG修飾リポソームを用いた次世代がん治療 岡本教授
 ■ 講演:ペットのがん予防と治療の最前線 朝日カルチャーセンター@くずは
 ■クックパット 獣医師ますみ
 ■Vet Welホームページの新たに「オーナー皆様」
 ■ますみの近況 「知的にカワイイ」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■低タンパク質 ワクチンが効かない!?

 目ヤニ、鼻水で熱があり、食欲不振ということで、猫が来院されました。

 「この子、ワクチン、打っているのに、何故なんでしょう?」と
  猫ウイルス性鼻気管炎の症状でした。

 人間も猫も犬も病気の予防のために、ワクチンを打ちます。たとえば、インフル
エンザのワクチンを打ったのに、かかる人、そうでなない人がいます。

 もちろん、そのときのインフルエンザの型にあっていなかったということもあり
ます。それ意外にも、血液の中が低タンパク質であったら、抗体が作れないのです。

 動物は、生きていくためにタンパク質は大切な重要な栄養です。酵素や血液や皮
膚や筋肉なども全部、タンパク質で出来ています。

 でも、ワクチンを打って、抗体を作って欲しくもて、他のことに使ってしまって
抗体が作れないということが、起きてくるのです。

 それでワクチンを打つときは、体調のいい、元気なとき、接種するのです。病院
に連れて行って痛い思いをした猫ちゃん、わんちゃんが、抗体が出来ず、病気にか
かることは、とても残念です。しっかり良質のタンパク質を食べさせてあげてくだ
さいね。

 うちの病院では、ワクチンやオペのときに、プロテインのサプロメントを渡すこ
とにしています。
 それらの知識は、以下のオーソモレキュラ療法のセミナーなどに行き勉強をして
います。
http://www.orthomolecular.jp/professional/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■光とICG修飾リポソームを用いた次世代がん治療

岡本芳晴先生  鳥取大学農学部共同獣医学科獣医外科学教室教授

当院でやっているがん治療です。

【要約】今回新たに開発したICG修飾リポソーム(ICG-lipo)と光源装置
を用いたがん治療の原理を紹介します。

 本治療は、ICG-lipoを血管内に投与し、EPR効果を期待して腫瘍組織内に蓄積させた
後、外部より光照射するという極めて単純な治療法です。その結果、温熱効果、光線
力学効果、さらには内包された抗がん剤等の作用により、抗腫瘍効果を発揮させます
。今回、この治療法を用いて治療を実施した症例を紹介します。

【はじめに】我々は、インドシアニングリーン(ICG)の光特性、すなわち
800nmの光を吸収して発熱(温熱効果)、600-800nmの光を吸収して活性酸素を誘導
(光線力学効果)することに注目して、そのがん治療への応用の可能性を模索して
きました。

本治療法を光線温熱療法(Photodynamic Hyperthermal Therapy : PHT)と
命名し、さらにPHTに局所抗癌剤を併用する方法を光線温熱化学療法
(Photodynamic Hyperthermal Chemo-Therapy : PHCT)
と命名しました。

しかし、この治療法の対象は表在性腫瘍を対象としたものであり、深部の腫瘍には適

ではありませんでした。また、この治療法にもいくつかの問題点があることがわかり
ました。一つは、鼻腔内のような腫瘍の存在が肉眼で十分確認できない部位において
は、色素剤を腫瘍に的確に投与することが困難なことです

他の問題点として、色素剤を腫瘍組織内に均一に投与することが困難なことがありま
す。

続きは、以下を読んでください。

http://vth-tottori-u.jp/wp-content/uploads/2013/07/topics.vol_.15.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クックパット 獣医師ますみで

2015年05月18日で 3823人が見にきてくださいました。
ありがとうございます。以下です。

http://cookpad.com/kitchen/12218199

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講演: ペットのがん予防と治療の最前線
(日程)5月30日(土)
(時間)10時半から12時

(場所)朝日カルチャーセンター くずは教室

 がんの三大治療は、1、外科手術 2、放射治療 3、抗がん剤
それ以外のがんに治療も考えてみましよう。免疫学治療、温熱療法なども紹介します。

https://www.asahiculture.jp/kuzuha/course/f3dc3ef8-bbab-c2ac-1ef0-54d4748eb52b?fb_action_ids=760920500672290&fb_action_types=og.likes&fb_source=feed_opengraph&action_object_map={%22760920500672290%22%3A701232039998756}&action_type_map={%22760920500672290%22%3A%22og.likes%22}&action_ref_map=[]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■niftyペット 「病気になりにくい飼い方」

以下のこんな記事も書いています。

http://pet.nifty.com/column/body/d140120000174/

みなさんも読まれて、良かったら、いいねを押してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Vet Welホームページの新たに「オーナー皆様」

ペットの健康づくり
健康づくりって必要なの?

 20年前だと、犬は、フィラリア症やジステンパーなどの感染症で命を落としま
した。数年で亡くなってしまうことが多かったです。健康づくりついて考えなくて
もよかった時代です。

 続きは以下です。
http://vet-wel.com/owner/contents/health.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ますみの近況 「知的にカワイイ」

 今月は、私の誕生日月です。
 子どもを産んで育て、そして獣医師として充実した環境をありがたいく思ってい
ます。そんな自分の体験を少しでも多くの女性に伝えないとと思い始めました。
がつがつではなく「知的にカワイイ」で。

 娘が中学生になるまでは、私は、ベビーシッターさんを使っていました。両親も
忙しいし、診察が夜型なので、保育所や幼稚園に預けるだけでは、間に合わなかっ
たのです。小学校に入ってもひとりで留守番されるわけにもいかず、家にベビーシ
ッターさんに来てもらいました。

 子育ては、そのうち卒業できるときが来るし、子どもが大きくなってくれるので、
ちょっとの間、ベビーシッターさんに来ていただくのもは、働く母として心強いもの
です。

 いまのところ東京周辺だけのようですが、Colors社長の経沢香保子さんが「日本に
もベビーシッター文化を」ということをやられています。

http://kahoko.blog.jp/archives/1026888846.html

世の中、流れています。

ホリエモンが、近畿大学の卒業生に向けたスピーチは、なかなか興味深いものです。
以下です。
https://www.youtube.com/watch?v=2DTyHAHaNMw

私の体験が、少しでも若い女性に役立つようにしていきて、社会に恩返しですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■石井万寿美の既刊

これで13冊の本を出しています。

amazon.co.jpで購入出来ます。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%B8%87%E5%AF%BF%E7%BE%8E&sprefix=%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%B8%87%2Cstripbooks%2C493
______________________________
■ホームページ 『まねき猫ホスピタル』
    <http://www.sam.hi-ho.ne.jp/manma>

______________________________
■残念ですが、万寿美の獣医学入門のメルマガが嫌いになった方は
こちらで解除できます。

まぐまぐの人
http://www.mag2.com/m/0000110068.html
メルマの人
http://www.melma.com/backnumber_32063/
■発行者: 石井万寿美

|

« 石井ますみの獣医学入門 若年性腎不全 レーザー治療 | トップページ | ブログを引っ越ししました。 »