« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月 8日 (月)

石井ますみの獣医学入門  ICGと乳がん

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
石井ますみの獣医学入門  ICGと乳がん
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                              2014年12月08日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               No.384

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□

  ☆━★━☆━★ ますみの獣医学入門★━☆━★━☆

    前向きにコツコツと生活したいものです。

  

        _Ω___  
        ∠| ̄ ̄ ├&#   獣医学臨床を通して
       ζζ\_/    みなさまといろいろと考えいきたいと思ってます。
 ( ^^) _旦~~(~~)    

       ~~     煎茶を飲んで、一服しながら読んでください。
■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□
────────────────────────────────────
 メルマガを読んでいただき、ありがとうございます。
 発行人の石井ますみです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼INDEX▼
 ■ICGと乳がん
 ■「ますみ先生のにゃるほどジャーナル ――動物のお医者さんの365日」
 ■Vet Welホームページの新たに「オーナー皆様」
 ■ますみの近況 @酪農学園 「建学の精神」「彼女たち(私の)の獣医学入門」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ICGと乳がん

 乳がんの手術をすると、後足の近辺の乳腺だと鼠蹊部の辺りが、腫れてひど
いときは、座れなくなることもあります。

 手術は、成功しているのだけれど、術後3日、4日になると、状態がよくない。
リンパ節のあたりを触ったので、こうなったのか、と思いながら治療をします。

 飼い主さんからすれば、ペットは痛がるし機嫌が悪くなので、どうにかして欲
しいと思います。

 そこで、今回は、ICGというインドシアニングリーンという薬を術前、術中、
術後に点滴をして、レーザーを当てたら、ほとんど腫れませんでした。まだ、1例だけ
なので、全部の症例に当るとは、言い切れません。同じような症例があれば、また
やってみようと思っています。

 ICGは、人間の方で使われている薬で、肝・循環検査薬、蛍光血管造影剤など
をして使われています。レーザーの相性がいいよです。

ICGの説明は以下のサイトで。
https://www.medicallibrary-dsc.info/di/diagnogreen_for_injection_25mg/pdf/pi_dg2_1202.pdf

 術前、術後の写真を見た方は、メールをいただけでば、送ります。
 生々しいので、サイトに載せるのは、控えました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■祝 「ますみ先生のにゃるほどジャーナル ――動物のお医者さんの365日」
 青土社 

 朝日新聞の6年間の連載が本になりました。
 4月4日、朝日新聞の文化欄でも、紹介されました。

 娘が表紙のイラストを描いてくれています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4791767756?ref_=sr_1_1&qid=1395192923&sr=8-1&keywords=%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%B8%87%E5%AF%BF%E7%BE%8E
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■niftyペット 「病気になりにくい飼い方」

以下のこんな記事も書いています。

http://pet.nifty.com/column/body/d140120000174/

みなさんも読まれて、良かったら、いいねを押してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Vet Welホームページの新たに「オーナー皆様」

ペットの健康づくり
健康づくりって必要なの?

 20年前だと、犬は、フィラリア症やジステンパーなどの感染症で命を落としま
した。数年で亡くなってしまうことが多かったです。健康づくりついて考えなくて
もよかった時代です。

 続きは以下です。
http://vet-wel.com/owner/contents/health.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ますみの近況 @酪農学園大学 「建学の精神」「彼女たち(私の)の獣医学入門」

 12月10日と11日と母校の酪農学園大学に「建学の精神」の授業に行きます。獣医学
部だけでなく、全部の1年生に講義をするのです。
NHKの「彼女たちの獣医学入門」の出来た背景などを説明します。

 https://www.rakuno.ac.jp/news/news3.htm

 希望を持って大学に入ってきた学生さんに、社会で働くことはどんなことか、伝え
ないといけないわけです。

 私は、結構、行きあたりばったりで好きなことをしてきて、いままで、こうやって
生ききました。これは回りの人に恵まれてというところが大きいです。
 文章が書きたいと思うと、元読売新聞の編集者だった音田昌子さんが「自分の独自
の世界観を持っていること大切なんだ」と教えてくださいました。

 読売新聞の入社試験で「みどり」について書きなさいとあり、ある人は「みどり」
という彼女のことを書いたそうです。大半の人は「緑化」について書いたそうですが。
みどりちゃんのことを書こうという個性が大切だとを知りました。。

 また朝日新聞で連載をしているとき、各担当の記者さんが、テーマーなどの見つけ
方を指導していただき、6年間の連載が出来ました。(高校時代は、夏休みに出され
る読書感想が嫌いであとがきを写していたような学生だったのに)

 人とのつながり、縁を大切にして、生きて欲しいということしようかと師走にスライ
ド作りに励んでいます。(部屋は散らかっていますが)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■石井万寿美の既刊

これで13冊の本を出しています。

amazon.co.jpで購入出来ます。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%B8%87%E5%AF%BF%E7%BE%8E&sprefix=%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%B8%87%2Cstripbooks%2C493
______________________________
■ホームページ 『まねき猫ホスピタル』
    <http://www.sam.hi-ho.ne.jp/manma>

______________________________
■残念ですが、万寿美の獣医学入門のメルマガが嫌いになった方は
こちらで解除できます。

まぐまぐの人
http://www.mag2.com/m/0000110068.html
メルマの人
http://www.melma.com/backnumber_32063/
■発行者: 石井万寿美

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »