« 手作り食 猫 タウリン | トップページ | 猫の心臓病、心筋症 »

2010年11月26日 (金)

にゃるほどジャーナル 世話に休日はないのに2010・11・25

16日の朝刊に、ショックな記事が載っていた。ウサギなどの動物を飼っている大阪府内(大阪、堺両市を除く)の公立小中学校や幼稚園の半数以上で、土日は放置している疑いがあるというのだ。

 動物を飼うということは、雨の日も風の日も嵐の日も、淡々と世話をすること。食事と新鮮な水を与え排泄(はいせつ)物を取り除くこと。これは、本当に基本的なことなのだ。

 そんな世話をしながら、「なんか今日は食べ方が遅い?」とか、「いつも喜んで食べるのに食べないのはおかしいな?」とか観察するから、病気に気づくこともできる。

詳しくは以下から

http://www.asahi.com/kansai/sumai/nyaruhodo/OSK201011250095.html

|

« 手作り食 猫 タウリン | トップページ | 猫の心臓病、心筋症 »

コメント

そうなんです 今時の先生方は分かっていない 昔は休日は交代で先生も子供もお世話をしていた
だから命の大切さも大変さも自然と身についていました
動物の世話を責任を持ってしたことがある人は 我が子を育児放棄をしたり 虐待したり できないと思いますが…

投稿: レミベルママ | 2010年11月27日 (土) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044048/37849318

この記事へのトラックバック一覧です: にゃるほどジャーナル 世話に休日はないのに2010・11・25:

« 手作り食 猫 タウリン | トップページ | 猫の心臓病、心筋症 »